下半身太りの原因とは!?|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院

2019年06月14日

こんにちは!

木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院 院長の川上です。

 

さて、最近は日差しの強い日が多くなり、最高気温も25度を超える日が多くなりましたね。外にいるとじりじりと肌が焼けてくるのを感じ、日に日に夏に近づいているな~という実感があります。

夏が近づいてくると、女性の方が気になる事の一つにスタイルというものがあると思います。

スタイルと一言でいっても、お腹、お尻、二の腕、O脚、など人によって悩みは様々ですね。

そしてその一つに下半身太り、特に足の太さというものがあるかと思います。

確かに、上半身は細いのに、骨盤から下、特に太ももがしっかりしてるな~といった女性を良く見かけます。

 

皆さん、この太ももが太くなる原因、何かご存知ですか?

 

上半身もそれなりに太めという方の場合は、残念ながら純粋に太っているという事になりますが、上半身は細いのに、明らかに下半身だけしっかりしているという人の場合、原因の多くは姿勢です!!

 

実はこのタイプの方の場合、太っているというよりは、筋肉が発達して下半身が太くなっているという場合が多いんです。

 

皆さんご存じの通り、筋肉は鍛えると太く、大きくなります。

つまり立ち姿勢の悪い方は下半身を常にトレーニングしている状態になっていて、筋肉が発達しているんです。

 

ここで、『え!?常にトレーニングしている?いったいどういう事!?』

と思われた方のために詳しくお話ししますね。

 

 

本来人間の理想の立ち姿勢は、ゴールデンラインと言って、横から見た時に、

➀耳 ②肩 ③股関節 ④くるぶし

が一直線になる姿勢です。

 

実はこの姿勢で立っている時が、一番筋肉に負担がかかりません。

 

前後左右、均等に重力がかかっていて、あまり筋肉を使わず、骨で立てている状態なんです。

なので上の絵のように、色々と良い事があるんですね。

 

それに対して、ストレートネックとか、猫背とか、反り腰とか、その他もろもろ姿勢に問題があると、頭の重さや上半身の重さが前後にぶれ、重力が体の中心を通らなくなり、骨で支えられず、筋肉を使って立たなくてはならなくなります

1日2日なら良いのでしょうが、それが365日、何年と積み重なると、下半身の筋肉は蓄積されたトレーニングにより筋肥大するという事なんですね。

 

この下半身太り、いや、下半身マッスルを解消するためには、根本的にはゴールデンラインを身につける事しかありません

日々、鏡があったら自分の立ち姿勢を確認して下さい。意識する事はとても大切です。

意識するだけで半分くらいの方は姿勢が改善するのではないかと私は思っています。

 

しかし、努力だけではどうにもならない方もいます。

それは骨盤のゆがみやストレートネックなどの骨格の歪みの強い方です。

この方たちは残念ながら意識するだけではゴールデンラインはとれません。

骨格のゆがみを作っている筋肉に直接働きかけないとなかなか改善しません

 

でも諦めないでください!

 

ここで私たちの出番です。

川上接骨院 鍼灸院は骨盤矯正を得意としています。

2か月間通って頂ければバランスの取れた体へと変化させてみせます!

 

下半身太りでお悩みの方も是非川上接骨院 鍼灸院にご相談下さい!!

 

 

 

スポーツ障害について|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院

2019年05月9日

こんにちは!

木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院 院長の川上です。

さて、ゴールデンウィークも終わり、小学生は陸上大会や運動会の練習、中学生・高校生は総体の練習と、運動量が急激に増えてくる時期ですね。

運動量が増えてきたときに注意して頂きたいのがやはりスポーツ障害です。

 

スポーツ障害とは、一回のダメージによっておこるスポーツ外傷(捻挫、骨折、脱臼、肉離れ、打撲など)とは違い、繰り返しのストレスによって起こるものです。

スポーツ障害には色々ありますが、代表的なもので、脛が痛くなる『シンスプリント』や、膝の外側の痛み『腸脛靭帯炎(ランナー膝)』、膝のお皿の真下の痛み『膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)』、その他にも野球肩、ゴルフ肘、テニス肘など色々な関節や筋肉に発生します。

 

スポーツ障害は一度痛くなってしまうとなかなか治りづらいのが特徴です。

疲労が原因で起こっているので、根本的な改善は安静しかないと考えられ、普通、整形外科や整骨院などでは2週間から4週間の安静を指示されます。

丁寧に治療もしてくれるところだと、電気治療やマッサージをして改善を図ります。

 

しかし、すでに経験されている方もいるかもしれませんが、安静・電気治療・マッサージだけではなかなか治らないのが現状です。

一定期間スポーツをやめると痛みはもちろん引いてきます。

2週間経って日常生活では痛みが無いのでスポーツを始めると痛みが再発します。

また2週間休みます。またスポーツを始めると痛みます。また休む・・・。

この繰り返しになってしまう事が非常に多くあります。

 

木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院のスポーツ障害の考えや施術方法は他の整形外科や整骨院と大きく異なるものです。

症状によっても異なりますが、基本的に安静を指示しません。

動きながら治していってもらいます。

施術は電気治療などではなく、スポーツ障害が発生した体に共通しておこる、ある変化(これが痛みの原因のことが多いです)を取り除く施術をします。

もちろんすべてのスポーツ障害に有効なわけではありませんし、1回、2回ですべての痛みが取れるわけでもありません。

「今までの疲労をすべてなかったことに!」なんて、そんな魔法みたいな事は出来ません。

しかし、もしも今1ヵ月、2ヵ月とスポーツ障害で悩んでいる方がいるのであれば、是非一度川上接骨院 鍼灸院にご相談いただきたいと思います。

今までにない効果が出せるかもしれません。

 

そしてこのように悩んでいる学生さんがいるのなら尚更です。

運動会も陸上大会も総体も、その年であるのは1回だけです。

お父さん、お母さん、

「今年は我慢して、次に・・・。」とお子さんに言うのではなく、

「今年も思い切り頑張ってね!」と言ってあげましょう!!

 

木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院は頑張る子供たちを全力でサポートいたします。

是非ご連絡下さい!!

スポーツ外傷・スポーツ障害

 

整体の考え方③|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院

2019年03月26日

こんにちは!

木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院 院長の川上です。

さて、今回のブログでは『整体の考え方③』と題し、

川上接骨院 鍼灸院が考える、理想的な通院頻度と回数、期間などについて

お話ししたいと思います。

 

前回の『整体の考え方②』でもお話しさせて頂いた通り、当院のコンセプトは『根本治療と再発予防』です。

この考えについてはこちらをご覧ください。

整体の考え方② 根本治療とは?|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院

というわけで、この根本治療を実現するためには、どのくらいの頻度で、何回くらい、どのくらいの期間通ったらよいのかという事をお伝えします。

 

まず始めに通院頻度についてお伝えすると、はじめは週に2回のペースで通ってください。

これは症状が重い、軽いに限らずすべての方です。

特に初診でかかる患者さんほど、2回目、3回目の通院間隔はとても大切です。

なかには初回の施術で全く痛みが無くなってしまう方もいるでしょうが、それでもやはり3日後、遅くても4日後には来てほしいと思っています。

それはなぜか?

答えはそうです、痛みが無くなっただけでは根本的に治ったと言えないからです。

そして始めこそが肝心だからです。

 

他の整体院や整骨院の先生方の考えはどうかわかりませんが、私たちは『痛みの消失=治った』と考えていません

『筋肉・骨格のバランスが取れた状態=全身に血液がいきわたる状態=治った』と考えています。

なので痛みが取れても、筋肉のバランスが悪かったり、骨盤がゆがんでいればそれは治っていません。

また痛くなるでしょう。

大切なのは、施術後の筋肉や骨格のバランスが良い状態を体に覚えさせていく事です。

そうする事でやがて筋肉や骨格は良い状態で安定し、血液の流れが良くなり、痛みの出にくい体、痛みが出ても治りやすい体へと変化していくのです。

この状態はもちろん1回の施術では作れません。

たとえ痛みが1回で消えてもです。

必ず1回の施術ではいつか再発します。

この状態を作るためには、体が再びゆがんでしまう前に次の施術を重ねていかなくてはならず、はじめはあまり間隔をあけずに施術した方が良いのです。

 

はじめのうちは血流が悪く、全体的に筋肉も硬い状態です。

筋肉が硬いと、骨盤をはじめ、筋肉が骨を引っ張る力が強くなるので体の歪みは起きやすくなります。

週に2回の施術を続けるうちに、筋肉は柔らかくなり骨盤をゆがませる力も弱くなってきます。

これは患者さん自身も、「施術が初めより痛くない」とか、実際の生活で「痛くない時間が増えてきた」などで感じられる変化です。

このとき、症状としては、初めの痛みやしびれを10とすると、おそらく5くらい(半分)くらいに減っていると思います。

というわけで、はじめが肝心です。

痛みが半分になるまでは週に2回!!

是非頑張って通院して頂きたいと思います。

 

痛みやしびれが半分くらいになってきたら、通院頻度は1週間に1回くらいで大丈夫です。

そして痛みのレベルが2~3くらいになったら、2週間に1回の通院頻度でも良いと思います。

 

このように、痛みやゆがみ、筋肉のバランスにあわせて通院間隔を徐々に広げていく事で、再発せずにバランスの取れた体へと変化させていくことが出来るのです。

 

そして、来院したきっかけとなった痛みやしびれが無くなっても、できれば1~2ヶ月に1回は施術を受けて頂きたいと思います。

せっかくバランスの取れた体です。

1~2ヶ月に1回のメンテナンス通院でいつまでも再発しにくく治りやすい体をキープして頂きたいと思います。

 

次に、期間についてですが、これは通院頻度、回数に関係なく、トータル2ヶ月以上通って頂きたいと思います。

ここでポイントとなるのが、なぜ2ヶ月か?という事です。

実はこれは、ただ単に長く通ってほしいという訳ではもちろんなく、細胞レベルでの話になります。

 

人間の体には約60兆個の細胞があると言われています。

細胞は日々生まれ変わっているのですが、この更新サイクルは組織や臓器によって異なります。

例えば胃は約3日。

腸は約1日。

肝臓、腎臓は約30日、などです。

そして筋肉の細胞の生まれ変わりのサイクルは約60日です。

筋肉の細胞が生まれ変わるサイクルの間、良いバランスをキープしておくことで、新しく生まれてくる筋肉細胞は良い状態を記憶して生まれてきます。

という訳で、最低でも期間は2か月間、頑張って通院して頂きたいと思います!

 

最後に回数ですが、これはその人の症状によって大きく変わります。

症状の強い人、症状を抱えている期間が長い人ほど、一般的には同じ期間に通って頂く回数は多くなりますし、トータル期間も長くなります。

これは金銭面でも、時間的にも大変な負担となりますが、いつか向き合わなければいけないものと考えて頂き、是非頑張って通院して頂ければと思います。

 

以上、非常に長くなりましたが、当院の整体に関しての通院頻度、回数、期間についてお話ししました。

是非、皆様の第一歩をお待ちしております!!

 

整体の考え方② 根本治療とは?|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院

2019年03月9日

こんにちは!

木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院 院長の川上です。

今回は前回のブログに引き続き『整体の考え方』についてお話ししたいと思います。

前回の『整体の考え方①』では、当院の整体の目的やアプローチ方法についてお話ししました。

前回の①を読んでいない方は是非読んでみて下さい!

整体の考え方①|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院

そして前回の予告で、『整体の考え方②』では、当院が考える理想の通院頻度や回数について話すと言っていましたが、

通院頻度や回数のお話をする前にまず、当院の治療コンセプトである『根本治療と再発予防』について理解して頂きたいので、急遽予定を変更して今回は『根本治療と再発予防』についてお話しします。

 

では、早速ですが、ここでいう根本治療とは何か?

治療院によってその定義は様々でしょうが、当院では根本治療を次のように定義しています。

『患者さんがそのとき持っていた悩み(痛みやしびれなど)を取り除くだけではなく、その悩みを引き起こした本当の原因を見つけ、取り除く事。』

 

例えば、整形外科で四十肩と言われた患者さんがいたとします。

整形外科で診断されたのだから、普通は疑いようもなく四十肩、肩に問題があるという事ですよね。

でも当院では、四十肩になりやすくなってしまった原因や、肩に痛みをだしている原因が、肩以外の場所にも必ずあるはずだと考えます。

 

それが骨盤のゆがみの場合もありますし、背中の筋肉の左右差の場合もあります。

または腹筋が緊張しすぎて肩の挙上を妨げている場合もあります。

(※骨盤のゆがみと色々な症状との関係はまた今度詳しくお話しします。)

 

もちろん肩には何らかの問題があるでしょうが、それ以外にもいくつもの要因が重なって、結果として肩の痛みとなって表れているのだと考えています。

四十肩(肩の症状)はあくまで結果であって原因ではないという事です。

 

この場合、肩だけ施術していても、施術直後はなんとなく改善したような気がしますが、本当の原因が除去されていないのでまたすぐに痛くなります

患者さんは施術後は良くなることがわかっているので痛い時は通います。

でもまたすぐに痛くなるのでいつまででも通います。

お金も時間もいつまでもかかる事になります。

 

当院は患者さんにそうして欲しくないので、原因に対しても必ずアプローチします。

 

当院は患者さんを治したいですし、いつまでも通ってもらおうとも思っていません。

(ただし、治ってからも月1回はメンテナンス通院をお勧めしています!!(笑))

そして、原因に対してアプローチして治しているので当然再発もしにくくなりますし、万が一再発しても原因がわかっているのですぐ対応できます。

 

あくまでもその時の症状の改善にとどまらず、その先の患者さんの体も考えた施術が、川上接骨院 鍼灸院のコンセプトである『根本治療と再発予防』です。

 

これを読んでいただいている皆さんの中にも症状だけを追いかけ続けてしまっている人はいませんか?

そんな人は、実はアプローチする場所をちょっと変えてみるだけで、劇的に改善に向かうこともあるんです!!

同じ症状がずっと続いて悩んでいる方、是非一度当院の整体を試してみて下さい。

 

次回の『整体の考え③』では、今度こそ当院が考える理想の通院頻度と回数についてお話ししますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ではまた!

 

 

整体の考え方①|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院

2019年03月5日

こんにちは!

千葉県木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院 院長の川上です。

今回は『整体の考え方①』と題し(②はあるのかな?(笑))、当院の整体に対する考え方をお話ししてみたいと思います。

 

さて、皆さんは整体に行こうと思った時、どんな整体を想像、または期待をしていますか?

バキバキ関節をアジャストするカイロプラクティックのような整体でしょうか?

それとも優しいタッチで何をされているのかわからないような施術でしょうか?

または気持ちの良いマッサージのような整体でしょうか?

『整体』と一言でいっても、このように院によって施術の方法は全く違います。

でも、すべて『整体』です。

施術する者が『身体を整える』ことを目的に行っていればそれは『整体』なんです。

大切なのは、施術者側がどのような理論をもって、その施術をしているかだと思います。

 

で、当院はというと、もちろんあります、きちんと理論が

 

当院の整体はというと、優しいマッサージでもないですし、バキバキする施術でもありません。

筋肉のバランスと骨格を調整する整体です。

 

きちんと定義をするのなら、『手技(マッサージや関節運動など)を用いて筋肉と骨格を正しいバランス(=解剖学的姿位に近い状態)に導く整体』です。

 

人間の体はもともと完全な左右対称ではありませんが、左右で筋肉の緊張の差が大きくなりすぎるとやがて骨格のゆがみも大きくなり、伸ばされ続けたり、縮み続けた筋肉は痛みを引き起こします。

この筋肉のバランスを整え、骨格が本来の位置に戻るようにするのが当院の整体です。

このとき、基本的には筋肉へのアプローチになってくるのですが、多少痛みも伴います。

硬くなり縮んでしまった筋肉に刺激を与え、緩ませる(伸ばす)ためにはある程度の刺激が必要なんです。

 

私は解剖実習に行き、実際に体の表面から筋肉までの深さを見てきましたが、筋肉に刺激を与えるためにはある程度の圧が必要だと考えています。

ですので、私の中では触っているだけのような刺激で筋肉が調整されるという考えはありません。

 

また、骨格を戻すために無理にバキバキする必要は無いと私は考えています。

筋肉は必ず骨から骨にくっ付いていますので、筋肉の張力が正しいバランスになれば骨は自然と元の位置に戻っていきます

筋肉へのアプローチをしないで、骨格だけ無理に戻しても、筋肉は緩んでないので、筋肉に骨が引っ張られて、結局すぐに骨格はゆがみます。

ですので、当院は筋肉への最適な刺激を考えながら、まずは筋肉からアプローチをしています。

 

筋肉と骨格、二つを同時に整えていく事で、再発しにくい体を患者さんに手に入れて頂きたいと考えています。

 

以上、これが当院の整体の考え①です。

次回②では来院頻度や回数のお話をしたいと思います。

最後までありがとうございました!!

秋はO脚矯正おすすめの時期です|木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院

2018年10月15日

こんにちは!

木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院 院長の川上です。

川上整体院 接骨院 鍼灸院では、根本治療としての整体、むち打ちなどの交通事故治療、オスグッド、肉離れなどのスポーツ外傷の施術を得意としていますが、O脚矯正も非常に得意としています。

O脚矯正は非常に奥が深く、私たち国家資格を持つ施術者であっても、O脚の根本的な原因がわからず、どうやってO脚を改善したらよいのか知らない施術者がほとんどです

そのため、腰痛や肩こりなどを得意とする優れた治療院であっても、O脚矯正をメニュー化しているところは少ないのが現状です。

そんな中、私川上はO脚矯正を得意とし、年間50人以上のO脚矯正をしてきました。

腰痛や肩こりなどの整体の患者さんに比べるとまだまだ少ないですが、なかなかの数ではないかと思います。

今回は、O脚が気になっているけどなかなか一歩が踏み出せない方の背中を押すべく、『O脚矯正を始めるなら絶対秋がお勧め』の訳をお話ししたいと思います。

【おすすめの訳 その1】

「冬本番までにO脚が矯正できるから!!」

前提としてO脚矯正は約2ヶ月から3ヶ月かかります。

そう考えると今初めても終わるころはすっかり冬ですね。

そして冬のお洒落と言えば『ブーツ』。

O脚の方は体験済みだと思いますが、O脚だとしわが出来たりしてブーツが型崩れしやすくなります。

冬までにO脚を改善しておくことで綺麗にブーツが履けるようになります。

【おすすめの訳 その2】

「秋のファッションで脚が隠れやすい」

夏はショートパンツや水着などで脚を出す機会が多いのは言うまでもないですが、3月4月は卒業式や入学式などでスカートをはくため意外に人前で脚を出す機会が増えます。

そして冬は先程の理由です。

ロングブーツを履くときは基本スカートですしね。

そう考えていくと、秋はファッション的に一番脚を隠せる時期だとおもいます。

脚を隠せる間にO脚矯正をするのがベストということです。

以上簡単ではありますが『O脚矯正を始めるなら絶対秋がお勧め』の訳をお伝えしました。

O脚でお悩みの皆さんどうですか?

少しは背中を押されましたか?

まだ悩んでいる方はこちらもご覧ください!

ビフォーアフターも載っていますよ。

O脚・美脚矯正

オスグッド2回の施術で痛み0|木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院

2018年10月12日

こんにちは!

木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院院長の川上です。

最近は朝晩涼しくなり、日が暮れるのも早くなり、すっかり秋だなーと感じております。

秋と言えば、よく『○○の秋』などと例えられますが、皆さんにとっての秋は何の秋でしょうか?

私川上にとっての秋は、やはり『スポーツの秋』です。

今月21日にはアクアラインマラソンにも出場しちゃいますしね。

さて、スポーツつながりでお話をさせて頂きますが、皆さん『オスグッド』をご存知でしょうか?

スポーツをしているお子さんをお持ちの方や、小学生や中学生の頃にスポーツに励んでいた方は知っているかもしれません。

『オスグッド』は小学校高学年から中学生の成長期に起こりやすいスポーツ障害の一つです。

膝のお皿の下の脛骨粗面という部分に痛みが生じ、酷くなるとその部分がとび出て強い痛みが続きます。

成長期に起こりやすく、痛みも成長期にわたり長く続くことから成長痛と思われがちですが、実は大人でもオスグッドの方はいます。

つまり、厳密には成長痛ではありません。

更に言えば、成長痛ではないという事は、成長期が終わるまで治らない障害ではないという事です。

ここで「えっ!?」と驚かれた方もいるのではないかと思います。

なぜなら整形外科や整骨院・接骨院にかかったことがある方はお分かりだと思いますが、ほとんどの院では「オスグッドは成長痛だから痛みとうまく付き合っていくしかない。」「成長期が終わるまでは治らない。」と説明されるからです。

そして治療としては、対症療法として、電気治療をしたり、大腿四頭筋のマッサージをしたり、テーピングやサポーターなどをします。

しかし、経験された方ならわかると思いますが、オスグッドはこのようなアプローチでは良くなりません。

なぜならオスグッドの痛みの根源にアプローチできていないからです。

木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院ではオスグッド専門治療として、オスグッドの根本原因にアプローチできる施術を行っています。

痛み始めのオスグッドでも、何年も痛かったオスグッドでも、ほとんどの場合が2~3回の施術で痛みが大幅に改善しています。

子供にとって成長期は、スポーツにおける能力(筋力、持久力、敏捷性、柔軟性、調整能力など)が伸びるとても大切な時期です。

この時期のスポーツ活動は中学生、高校生になったときに大きく基礎能力として影響してきます。

成長痛だからとだましだましスポーツをするのではなく、痛みのない状態で思いっきりプレーさせてあげましょう。

オスグッドについてのお問い合わせは、お気軽に木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院にお電話ください!!

 

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|肉離れでも諦めないでください!!

2018年07月25日

こんにちは!

木更津市・君津市の皆さんに根本治療としての整体を提供しています川上整体院 接骨院 鍼灸院の川上です。

さて、高校野球千葉県大会も大詰めですね!

今回はベスト8に木更津市内の高校が4校も残って、とてもワクワクする大会となりました。

惜しくもベスト8で敗れてしまいましたが、個人的には母校である木更津高校がベスト8まで進んだことをとても誇らしく思います!!

さて、高校野球はもちろんの盛り上がりですが、夏は高校野球の他にも、ほとんどのスポーツが全中、インターハイなど全国大会が行われますね。

また、大会などでなくとも、夏合宿や遠征などでスポーツに打ち込む子供たちが多い時期です。

しかし、今年はこの暑さです。

暑い環境でのスポーツは熱中症など気を付けなければならないことがたくさんあります。

そしてその一つが『肉離れ』です。

汗で血液中の電解質などが失われると、筋肉は機能低下を起こします。

その状態で筋肉に大きな負荷がかかると、いつもよりも肉離れなどのケガをしやすくなります。

一般的には、肉離れは競技復帰まで最低1カ月かかると言われています。

1カ月も休んでしまったら、スポーツする子供にとって、大きな成長となる夏休みが終わってしまいます。

では、どうしたらよいのか?

大丈夫です、川上整体院 接骨院 鍼灸院にご相談下さい。

当院には肉離れを最短で治す治療法があります。

上手くいけば、包帯やテーピング無しでその日のうちに普通に歩けるようになります。

肉離れなどのスポーツ外傷に負けず、最高の夏をおくりましょう!!

肉離れ

ハワイ大学解剖実習&Ken Yamamoto Techniqueセミナー②

2018年07月12日

こんにちは!

木更津市・君津市の皆さんに、根本治療としての整体を施術しています、川上整体院 接骨院 鍼灸院の川上です。

今回のブログは前回に引き続き『ハワイ大学解剖実習とKen Yamamoto Techniqueセミナー』についてのお話です。

前回のブログでもお話しさせて頂いた通り、私川上は6月26日から1週間ほどハワイに行き、解剖実習とKen先生のセミナーに参加してきました。

解剖実習はみっちり3日間、実際に一人1本メスを握り、御献体を解剖させて頂きました。

教科書や参考書だけでは絶対にわからない本当の人体の構造や動きを確認させて頂きました。

この経験で私が思ったことは、いかに自分の知識が曖昧であったかという事です。

私は治療家になって16年になりますが、触れていると思っていた筋肉や神経の位置が微妙にずれていましたし、自分が想像していた筋肉の厚みと全く違っていたり、解っている様でわかっていないことがたくさんありました。

今までも自分なりにイメージを膨らませ、患者さんの状態を予想し、施術を行ってきましたが、今回解剖実習を体験した事でよりイメージがわきやすくなりました

日本で直接解剖実習を経験している治療家は約100人だと聞いています。

本物の解剖を学んだ一人として、これから患者さんにどんどん還元していきたいと思っています。

それこそが、御献体の方への何よりの恩返しであり、今回私にこのような体験をさせて下さった関係者の方たちへの恩返しであると思っています。

そして必ず、また解剖実習に参加します。

 

そしてそして、私川上がハワイで学んできたことのもう一つがKYT(Ken Yamamoto Technique)です。

KYTはその名前の通り、Ken Yamamoto先生が考案した施術テクニックです。

Ken先生は私と同じ柔道整復師の資格の他、看護師などの資格も持っていて、現在は『KYTを広げ、世界中の腰痛を無くす』という信念のもと、世界中を飛び回っています。

患者さんの皆さんはご存じないかもしれませんが、Ken Yamamotoの名は治療家であれば一度は耳にした名前であり、我々治療家のあこがれでもあります。

今回、そのKen先生に直接KYTを指導をしてもらってきました

KYTの魅力は何といっても『安全性』『全てが解剖学・運動学などのエビデンスに基づいている』ことです。

痛みのある所をグリグリ押したり、揉んだりといったことはしません。

人間が本来一番自然でいられる姿勢『解剖学的姿位』を取れるようにしていく事で、人間本来の機能を取り戻し、痛みやしびれをとっていきます。

しかもKYTのテクニックはすべて『解剖学』や『運動学』に基づいているため、医師や看護師といった方も納得され、たくさんの方が学ばれています。

そしてこの考え、つまり『痛いところが本当の原因ではない』『痛みはあくまで体のサインの一つであり、本当の原因は他にある』という考えは当院も同じです。

だからこそ、Ken先生のテクニックを学びたかったのです。

今回直接Ken先生の理論や手技を習い、また実際に体に触れてもらう事で、今までの自分の手技に足りなかったところや、原因の探し方、より効果の高いアプローチの仕方など、多くのことを学ぶことが出来ました。

Ken先生のように『世界中から腰痛を無くす』とまではいきませんが、先ずは私が愛する『木更津・君津、そしてゆくゆくは南房総から腰痛を無くす』ために、今回の経験をスタッフに伝え、川上整体院 接骨院 鍼灸院を選んで下さる患者さんを一人ずつ救っていきたいと思います。

川上整体院 接骨院 鍼灸院は現状に満足せず、常に向上心を持っているチームです。

今後とも川上整体院 接骨院 鍼灸院をよろしくお願い致します。

ハワイ大学解剖実習&Ken Yamamoto Techniqueセミナー①

2018年07月6日

こんにちは!

木更津市・君津市で根本治療のための整体を提供しています、川上整体院 接骨院 鍼灸院の川上です。

私川上は、6月26日から7月3日までお休みを頂きハワイに研修に行ってきました。

今回の研修は、ハワイ大学での解剖実習世界を股にかける治療家であるKen Yamamoto先生の治療テクニックを学ぶためのものです。

解剖実習では、一人一人がメスを握り、ホルマリンで処理された御献体を解剖させて頂きました。

私は治療家として16年の経験がありますが、日々の臨床や教科書、参考書だけでは到底わからなかった人体の秘密を知ることが出来ました。

自分の今までの治療が正しかったのか?なぜ効果を出せたのか?逆に効果が出なかったのはなぜか?

教科書や参考書には載っていない生の答えがそこにはありました。

私たちのような人の体にかかわるものでも、実際に自分でメスを握り解剖をするといった経験はまずしません。

日本ではまずできる事ではなく、日本の治療家の約100人くらいしか体験していないそうです。

この100人のうちの一人になった責任本当の解剖学を知るものとしての責任自分の体を提供して下さった御献体への感謝、このような機会を作ってくださった方たちへの感謝、色々な思いがありますが、まずは木更津市・君津市の皆さん、そしてやがては南房総の皆さんの健康のために、今回の経験を生かしていくことが全てだと考えています。

これからも皆さんに根本改善をして頂くため、スタッフ一同精進していきたいと思います。

最後になりますが、私を1週間待ってくださった患者様、本当に申し訳ありませんでした、そして本当にありがとうございました。

この経験を必ず施術で還元させて頂きます。

 

Ken Yamamoto先生についてはまた後日投稿したいと思います。

それではまた!

1 2