交通事故の基礎知識③|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院

2018年12月3日

こんにちは!

木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院 院長の川上です。

当院は『木更津市・君津市から交通事故のケガによる後遺症を無くす』事を目標に、日々交通事故患者さんの施術にあたらせて頂いております。

さて、今回は交通事故の基礎知識③です。

まずはこちらの漫画をどうぞ!

 

そうなんです。

先ずは一つ目。

交通事故によるむち打ちなどのケガは、遅れて症状が現れることが良くあります。

交通事故を起こしてしまうと、交感神経(緊張している時や興奮している時に働いている神経)が優位な状態になってしまい、痛みを感じにくくなります。

その為、事故直後は痛くなかったけど、2~3日して痛みが徐々に出てくるというのはよくある事です。

ですので、交通事故にあってしまったら必ずその日のうちに医療機関を受診してください

そして、痛いところが出てくるたびに診察を受けましょう。

時間がだいぶたってから、「ここも痛い」と言っても、事故との関係を否定されてしまう事があります

交通事故後は仕事や家事などが忙しくても、通院を最優先して下さい。

 

そして二つ目。

湿布や飲み薬だけでは、交通事故のケガは良くなりません!

交通事故の場合、少なからず体は車による衝撃を受けています。

車の損傷が大したことが無いからと言って、体のダメージも少ないとは限りません。

ほとんどの場合、筋肉の緊張による歪みがおきています。

湿布や飲み薬ではほぐれない筋肉の緊張は、マッサージや電気治療が有効です。

 

 

さて、12月は1年で最も交通事故が多い月です。

皆さん、車での移動にはくれぐれもご注意くださいね!!