肘内障・子供の肘が抜けた

  • 子供の肘が抜けて泣き続けている
  • 腕を引っ張ったら急に泣き出した
  • 子供が急にハイハイをしなくなった
  • 寝返りをうった後急に泣き出した
  • 子供が腕を下げたまま動かさなくなった

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|肘内障とは?

肘内障(ちゅうないしょう)とは、幼児(特に2~5歳)に起こりやすい肘の関節の亜脱臼です。腕を急に強く引っ張る、寝返りをうつ、転んで地面に手をつくなどで起こすことがあります。これらの後急に泣き出して腕を動かさなくなったらまず肘内障を疑うべきです。しかし子供によってはあまり泣いたりせず、ただ少しだけいつもより腕を使わないという程度の子供もいます。ハイハイをしなくなった、抱っこの時に片腕だけあまり高く上げないなど、注意深く観察していないとわからないこともあるので注意が必要です。怪しいなと思ったら、子供の好きなものを頭よりも高い位置で取らせてみるのもいいでしょう。肘内障の場合肩よりも上に腕が上がらなくなるからです。

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|肘内障はどうして起こるの?

肘内障は肘の関節の亜脱臼です。幼児期特有のケガで大人には起こりません。肘の関節は上腕骨と2本の前腕骨とで形成されています。この2本の前腕骨のうち1本の橈骨(とうこつ)という骨は、肘の部分で輪状靭帯という靭帯のベルトでおさえられていて、大人では抜けることはまずありません。しかし子供の骨は大人の骨のように端っこが大きく作られておらず、一本の棒状の形をしているので、この靭帯のベルトからスルッと抜けてしまうことがあるのです。これが肘内障です。

 

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|肘内障の整復

肘内障になってしまったら、出来るだけ早く整復(骨をもとの位置に戻すこと)を行ってあげる必要があります。時間が経てば経つほど周りの組織(筋肉や靭帯など)が固く緊張して戻しづらくなるからです。

ほとんどの場合、整復自体は10秒程度で終わります。木更津市にある川上接骨院 鍼灸院では肘内障は優先して診させて頂きますので、悩んでいる時間があればすぐに連れてきてあげて下さい!基本的にはきちんと整復されればその日から普段通りの生活に戻って構いません。

また、何度も肘内障を起こす子供がいますが基本的には小学校に入学するころには徐々に起こらなくなるので心配はいりません。

子供の様子がおかしいなと少しでも思ったら、木更津市の川上接骨院 鍼灸院にまずはお電話ください!

症例 | 木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院

  • 木更津市 2歳男児 駐車場で整復!

    木更津市の2歳の男の子。買い物中に母親に手を引っ張られて肘内障に。3回目ということもあり本人もわかっている様子だったとのこと。当院に着いたものの車から降りたくないとダダをこねていたので、駐車場まで行きチャイルドシートにのっているまま整復しました。「はいった?」と聞くとちょっと機嫌を直して笑ってうなずいてくれました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 木更津市 0歳男児 病院で治らなかった肘内障が治った!

    午後5時ごろ、0歳の息子がハイハイをしなくなったことに気が付き小児科へ。肘内障と診断されるも、0歳児は難しいから治せないと言われ、当院を受診。
    他のケガの可能性も検討しながら、肘内障の整復を試みて成功。直後から元気にハイハイをしていました(笑)。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。