マタニティ整体・妊婦さんの骨盤矯正

  • 妊娠してから肩こりや腰痛が酷くなってきた
  • 妊娠してから股関節や骨盤が痛い
  • 安心なマタニティ整体を探している
  • 妊娠中でも整体で身体を整えたい
  • 妊婦になってからバランスが悪くなった気がする

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|妊娠中のママの身体の変化

妊娠してから出産するまで、約10カ月間、ママは赤ちゃんをお腹(子宮)の中で育てます。

その間ママは色々な体の変化を感じながら赤ちゃんをお腹の中で育てていきます。

妊娠期間は妊娠週数により、大きく分けて妊娠初期妊娠中期妊娠後期の3つに分けられ、それぞれの期間によってママの体に現れる変化に特徴があります。

※妊娠週数の考え方は、受精した時を0週と考え、1カ月28日の計算で数えます。

そのため、妊娠1か月目は0週~3週となります。

(この期間を妊娠超初期と呼びます。妊娠が判明する前の期間です。)

 

『妊娠初期』

妊娠2ヶ月~4ヶ月(4~15週)

妊娠が判明し、バストやお腹など、ママの体が出産に向けて徐々に変化していきます。

つわりがピークに達する人が多いのもこの期間ですが、妊娠初期の終わり頃にはつわりが治まる人も多くいます。

また流産の70%以上が妊娠初期に起こっています。この時期は出血なども起こりやすい時期でもあり、無理のない生活を心がけることが必要です。

一方、赤ちゃんは受精卵から人の形へ急速に変化を遂げていきます。

身体の各部位や臓器、器官、骨などが作られる大切な期間です。

 

『妊娠中期』

妊娠5ヶ月~7ヶ月(16~27週)

いわゆる安定期です。

ママの体はますます丸みをおび、お腹も目立ってきます。

この時期になるとつわりも落ち着いてくる人が多く、食欲がアップします。ただし食べ過ぎには注意して、あくまでバランスよく食べ、体調が良ければ適度に体を動かしましょう

一方、赤ちゃんは骨がしっかりし始め、筋肉も付いてきます。体が大きくなるとともに動きも活発になってきて、胎動を感じ始めるママも多い時期です。

また、この時期になると赤ちゃんの性別がわかる人も多くいます。

 

『妊娠後期』

妊娠8ヶ月~10ヶ月(28~40週)

ママはお腹がますます重くなり、張りを感じることも増えてきます。

また、大きくなった子宮に胃や膀胱などの内臓が押されて、ムカムカしたり、頻尿になったり、便秘むくみなどの症状が増えてきます。しかし、これらの症状は臨月ごろには解消されることが多いです。

赤ちゃんは臓器の機能が充実し、聴覚もはっきりしてきます。

また、髪の毛や爪が伸びてきて新生児の姿に近づきます。

37週を過ぎると『正産期』といい、順調であれば赤ちゃんはいつ産まれてもいい状態で、早産にはなりません。

そして順調にママのお腹の中で育った赤ちゃんは、平均身長50センチ、体重3000gで産まれてくるのです。

 

 

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|マタニティ整体の効果

妊娠中、ママの骨盤は、赤ちゃんの成長とともに広がり、ゆがみます。

また、どんどん重たくなるお腹を支えるために、姿勢が崩れてきます。(多くは足の幅を広げた反り腰姿勢になってきます。)

反り腰姿勢は、背骨のゆがみを作り、結果、腰や骨盤周りだけでなく、背中や首回りの痛みも引き起こします。

妊娠中の痛みはストレスにつながってしまいます。

マタニティ整体により、骨盤や背骨が調節されるので、妊娠中の肩こり腰痛背中の痛み股関節痛などの痛みを和らげることが出来ます。

結果、妊娠中のストレス軽減効果も期待できます。

また、骨盤の位置が正しく戻ると、赤ちゃんの部屋である『胎のう』がまんまるに整い、柔らかくなります。

まんまるの胎のうは、赤ちゃんにとって最高のお部屋となり、逆子の改善も期待できます。

そして何より赤ちゃんの正常な発育を助け安産にもつながります!!

 

 

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|川上接骨院 鍼灸院のマタニティ整体

木更津市・君津市にある川上接骨院 鍼灸院のマタニティ整体は超低刺激の安心・安全なマタニティ整体です。

もちろん、ママの体とお腹の中の赤ちゃんに負担がかからないよう、電気治療は行いませんし、マッサージクリームなども使いません。すべて手技で行います。

手技も超低刺激の手技で構成されています。

バキバキ・ボキボキはもちろんありませんし、かといって指圧やマッサージのように、押したり、揉んだりという事もしません。

じゃーいったいどうやって施術するんだ!?

と言いたくなると思いますが、川上接骨院 鍼灸院の独自の手技で骨盤や体の調整をしていきます。

施術は、お腹の中の赤ちゃんが圧迫されないよう、仰臥位(仰向け)、側臥位(横向き)、座位で全て行います。うつ伏せで行う事はありません。

 

『マタニティ整体・骨盤矯正の流れ』

①問診・検査

色々な検査で体の状態や骨盤のゆがみをチェックします。

②股関節の調整

股関節は骨盤とつながる大切な関節です。股関節を整えることで下半身だけでなく、上半身の血流も改善されます。

③腰椎の調整

妊婦さんの多くが抱える腰の痛み。その原因の大本命である腰椎のバランスを調整します。

④下肢の軸の調整

歩行の中心となる下肢軸を調整します。

下肢軸のズレは股関節や骨盤のズレにつながるのでとても重要です。

⑤肩甲骨の調整

肩甲骨の位置を整えることで、肩こりや首の痛み、背中の痛みなどを改善します。

⑥再検査

施術前の体の状態やゆがみがどう変化したかを調べて終了です。

 

『マタニティ整体・骨盤矯正の注意点』

・マタニティ整体は、お医者さんからのストップがなければ基本的にいつでもOKですが、理想は安定期(16週~)に入ってからです。

できれば、かかりつけの産婦人科の先生に許可をもらってください。

不正出血(腹痛を伴うもの、多量出血、長期出血)のある方、過度の浮腫みがある方、タンパク尿高血圧破水がある方は施術できません。

 

『川上接骨院 鍼灸院のマタニティ整体の特長』

・痛みはほとんどありません。

・母子ともに負担がかかりません。

・刺激量が少ないので、好転反応がおこりません。

・自律神経にも良い影響があります。(副交感神経を優位にします。)

・スムーズな出産と産後の早期状態改善に導きます。

・安産につながります!

 

 

『最後に院長より』

この度は川上接骨院 鍼灸院の『マタニティ整体・妊婦さんの骨盤矯正』のページをご覧いただきありがとうございます。

今、ご覧いただいている方は、おそらく妊婦さんか、その御家族や御友人で、「妊娠中の体の不調を何とかしたい。」とか、痛がっているママさんを見て、「何とかしてあげたい!」という思いで調べて頂いた方だと思います。

正直、この『マタニティ整体・妊婦さんの骨盤矯正』は、川上接骨院 鍼灸院の通常の整体や骨盤矯正と比べると施術効果は低いかもしれません。

しかし、痛み止めの薬も飲めない、湿布薬も使えない、整体やマッサージをしてもらうのも心配な妊婦さんにとっては、少しは手助けになるものだと思っています。

私自身、3人の子供を持つ父親であり、3回妻の妊娠中の体の変化や悩みを近くで見てきました。

その中で、試行錯誤しながら整体や骨盤矯正をして、やっと形になったのがこの『マタニティ整体・妊婦さんの骨盤矯正』です。

元気なママさんと産まれ来る新しい命のために、少しでもお役に立てればと思っています。

お体の悩みを持つママさん、是非一度ご相談下さい。

症例 | 木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院

  • 君津市 30代 女性 妊娠中の交通事故治療

    君津市にお住いのSさん。
    妊娠7カ月の時、検診に向かう途中で交通事故にあってしまいました。整形外科で検査はしてもらったものの、妊娠中という事で治療はできないと言われました。いくつかの整骨院にも聞いてみましたが、やはり妊娠中なので交通事故の治療は出来ないとの事でした。
    そんな時、ご友人の紹介で当院へ相談に来られました。
    当院のマタニティ整体で2ヶ月半、交通事故の治療をして、無事に元気な女の子を出産しました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。