むち打ち症の種類と症状

  • 交通事故に遭い、むち打ち症になってしまった
  • むち打ちの後、腕のしびれやだるさが続いている
  • むち打ちで首の痛みよりも後頭部の痛み(頭痛)が気になる
  • 交通事故の後、足のしびれや感覚の異常がある
  • むち打ち症で首以外にも色々な場所が痛む

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|むち打ち症とは?

 

「むち打ち症」は、正式名称を「外傷性頸椎捻挫」といい、頸椎部(首)を捻挫して、首やその周辺に痛みが現れる症状のことを言います。

捻挫というと、足首や手首、膝などしかないように思われる方もいますが、人間のあらゆる関節で捻挫は起こり、当然頸椎(首)でも起こります。

むち打ち症の原因の多くは、自動車の追突・衝突などの交通事故によるものが最も多く、労働災害やスポーツ障害によって起こる事もあります。

交通事故の衝撃により、首が鞭のようにしなったために起こる症状のため、「むち打ち症」という呼び名がついています。

むち打ち症の特徴として、事故にあったその日に症状が現れる事はあまりなく、2~3日後か、長い場合、2週間後くらいに首や肩、肩甲骨周りなどの痛みやコリ感、頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気などの症状が現れてきます。

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|むち打ち症の5つのタイプ

むち打ち症は症状の特徴から次の5つのタイプに分けられます。

次のような症状が現れたら、すぐに木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院にご相談下さい!

 

『頸椎捻挫型』

頸椎の周りの筋肉や靭帯など、レントゲンには写らない軟部組織が損傷されたものです。

むち打ち症の中では最も多く、全体の70%~80%を占めていると言われています。

首の捻挫により炎症を起こしたもので、首の周囲の筋肉や靭帯などが過度に伸ばされたか、断裂してしまった状態です。

首を曲げたり回したりの運動により、首の痛みや肩の痛みが強くなり、また、痛みのために首や肩の動きも制限されることがあります。

また、場合によっては頭痛やめまいなども起こります。

 

『根症状型』

頸椎(首の骨)は7個の椎骨が連なって出来ています。

その中には脊髄が通っていて、脊髄からは椎骨の隙間を通って神経根という太い神経が出ており、肩や腕などの末梢神経に伸びています。

交通事故の追突や衝突などの外力で、この頸椎の並びに歪みが生じると、神経の通り道が狭くなり、頸椎から出る神経が圧迫されて色々な症状が現れます。

首の痛みはもちろんですが、腕の痛みやしびれ、だるさ、場合によっては後頭部の痛みや顔面痛なども伴います。

 

『バレ・リュー症状型』

頸椎に沿って走っている後部交感神経が損傷し、頸椎動脈が収縮して、脳脊髄への血流が低下し、その結果、交感神経が過度に緊張して自律神経のバランスが乱れて様々な症状を引き起こすものです。

最も多い症状が頭痛、特に後頭部の痛みです。

首の痛みよりも頭痛から症状が現れた場合、このバレ・リュー症候群が疑われます。

 

『脊髄症状型』

頸椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されたりしたものです。

いわゆる脊髄損傷のことで、「むち打ち症」の中でも重症の部類に入ります。

下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害なども現れるようになります。

また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなることもあります。

 

『脳脊髄液減少症』

以上に4つのタイプの他に、何らかの衝撃で髄液が漏れてしまう「脳脊髄液減少症」という症状があります。

この原因には、もちろん交通事故の追突や衝突の衝撃も入ります。

脳脊髄液が漏れてしまう事により、髄液圧が下がり、脳や脊髄から延びる神経に影響を及ぼし、様々な症状が現れます。

起立性頭痛を特徴的な症状とし、頚部痛、めまい、吐き気、倦怠感、腰痛、記憶障害、胃腸障害、肩の痛み、背部痛、その他にも多くの症状が報告されています。

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|むち打ち症の治療

上記の通り、むち打ち症には色々なタイプや程度がありますが、大切なのはいずれにおいても、早期の適切な対応と、その後の治療です

木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院は、交通事故のケガやむち打ち症の治療実績が豊富ですので、どんな場合でも適切に対応・治療を致します。

 

 

 

交通事故のケガ、むち打ち症は木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院にご連絡ください!!