脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

  • 交通事故の後、頚部痛や頭痛が続いている
  • 交通事故の後、めまいや耳鳴りが続いている
  • むち打ち損傷の後、倦怠感、だるさが続いている
  • 起き上がると頭痛がひどくなる(起立性頭痛)
  • 交通事故後の痛みがなかなか良くならない

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|脳脊髄液減少症とは?

 

当院は脳脊髄液減少症の正しい知識を基に、早期発見を心がけています

 

 

『脳脊髄液減少症とは?』

脳脊髄液減少症とは、脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏れてしまい減少してしまうことで、様々な症状がでる病気です。

人間の脳や脊髄は、脳脊髄液という無色透明な液体で満たされています。

脳脊髄液は、脳と脊髄の周りを1日に3~4回循環していて、脳の水分量の調節や、脳と脊髄の保護、脳の形を保つ役割があると考えられています。

この大切な脳脊髄液が何らかの原因で漏れてしまい、減少してしまうのが脳脊髄液減少症です。

『脳脊髄液減少症の症状』

頚部痛、全身倦怠、起立性頭痛、背部痛、眼痛、視力障害、めまい、吐き気、頭重感、筋肉痛、腰痛、自律神経障害、しびれ・・・など、挙げればきりがないほど報告されています。

 

 

 

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|脳脊髄液減少症とむち打ちの関係

脳脊髄液減少症の原因には「特発性」と「外傷性」があります。

「特発性」とは原因不明のものです。

「外傷性」の場合、交通事故やむち打ち、スポーツ外傷や日常生活での怪我が原因となります。

以前は交通事故での怪我やむち打ちでは脳脊髄液減少症は起こらないとされてきましたが、ここ数年は交通事故やむち打ちとの因果関係が報告されています

交通事故やむち打ちの後、なかなか症状が改善しない場合、脳脊髄液減少症を疑い、早期に適切な処置を受けるべきです。

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|脳脊髄液減少症の治療

脳脊髄液減少症が疑われる場合、まずは安静と水分補給が最善の治療となります。

特に発症早期は、安静と水分補給という保存的治療(手術ではない治療のこと)のみで軽快する事も少なくありません。

そして保存的治療での効果が乏しい場合は、「ブラッドパッチ」という治療を検討します。

ブラッドパッチは「自己血硬膜外注入」のことで、脳や脊髄を包む硬膜という膜の外側に、自分の血液を注入して、脳脊髄液の漏れを止める治療です。

脳脊髄液減少症へのブラッドパッチの有効率は75%と言われています。

早いにこしたことはありませんが、症状の発症からブラッドパッチ開始までが5年以内であれば、90%以上何らかの有効性が認められるようです。

いずれにしても、病院や整骨院・接骨院などの医療機関は、このような脳脊髄液減少症の正しい知識を持ち、疑いを持って患者さんを診ていくことが必要です。

しかし、残念ながら、いまだ多くの病院や整骨院・接骨院では、交通事故やむち打ちと脳脊髄液減少症との因果関係を否定するところもあります

整骨院・接骨院に至っては、脳脊髄液減少症という病気自体を知らないところさえあります。

木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院では、交通事故患者さんには、常に脳脊髄液減少症の可能性がある事を考慮しながら、患者さんの負担にならないよう、一人一人の患者さんにあった治療を行っています。

治療を進める中で、脳脊髄液減少症の疑いのある場合は、簡単にできる『LUP test(Lumbar-uptilt test)』を実施し、脳脊髄液減少症の早期発見を心がけています。

 

 

交通事故やむち打ちで、脳脊髄液減少症が心配なら、木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院にお気軽にご相談下さい!!