四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

  • 肩が痛くて挙がらない
  • レントゲンでは異常が無いと言われたが、肩の痛みが続いている
  • 注射をしたり、湿布を貼ったりしても肩の痛みが改善しない
  • 夜、寝ている時に肩が痛くて眠れない
  • 服を着替えたり、髪を結ったりするときに肩が痛む

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|四十肩・五十肩とは?

四十肩(しじゅうかた)五十肩(ごじゅうかた)は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患です。

どちらも同じ疾患で、年齢によって呼び方が異なるだけです。

40歳代で起これば四十肩、50歳代で起これば五十肩という事になります。

正式には肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)という疾患群のことで、肩関節周辺に起こる炎症のことです。

四十肩・五十肩は次の3条件を満たすものと定義されています。

肩に疼痛(痛み)と運動障害がある

患者の年齢が40歳以上である

肩の痛みとなる明らかな原因が無い

つまり、40歳以上で肩に痛みや運動障害があり、レントゲンを撮ったりしても、はっきりとした原因が無いものを四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)と言うのです。

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩は最初、肩関節付近の鈍痛や違和感から始まります。

次第に肩から腕の可動範囲(動かせる範囲)の制限が起こり、痛みも鋭くなってきます。

痛みのために、腕を直角以上に挙げられなくなったり、腕を後ろへ回せなくなってきます。

生活にも支障をきたし、重症化すると、髪の毛を洗う、髪をとかす、洗濯物を干す、電車のつり革につかまる、洋服を着替える、排便後にお尻をふくなど、あらゆる事が不自由となります。

痛みの強い時期(炎症期)は数週間から数カ月続く事が多く、人によって大きく異なります。

炎症期が過ぎ、やがて痛みは和らいできますが、これを過ぎると今度は拘縮期(関節や筋肉が固くなり動かせなくなる時期)になります。

拘縮期も数週間から数カ月と人によって大きく異なります。

拘縮期が終わり、少しずつ動かせるようになると、個人差はありますが、徐々に元の状態に近づいていきます

発症してから回復するまでの期間は、個人差、症状の重さにもよりますが、治療内容によってもかなり変わってきます

早期改善を希望されるのであれば、やはり早めに適切な治療を受ける事が大切です。

 

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|四十肩・五十肩の改善方法

 

木更津市・君津市にある川上接骨院 鍼灸院では四十肩・五十肩を整体で改善していきます。

川上接骨院 鍼灸院の整体は、症状の出ている場所だけを施術するのではなく必ず体全体を施術していく整体です。

その中でも最も重要と考えているのが骨盤です。意外かもしれませんが、骨盤のゆがみは上半身の筋肉の緊張や、特定の関節への負担を増進させます

四十肩・五十肩の症状も、もちろん肩に症状は出ているのですが、根本的な原因は、骨盤のゆがみや、左右の体のバランスの崩れ、特定の筋肉の過緊張などによる場合があります。

木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院の四十肩・五十肩の治療は、まずは骨盤を中心とした骨格調整をし、筋肉が本来の緊張に戻りやすい状態を作ってあげる事から始めます。

その上で、症状の出ている肩に対して、筋肉調整や関節調整を加えることで、肩だけを治療するよりもより効果的で、また、再発しにくい根本的な治療になると考えています。

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)でお困りなら、木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院へ今すぐご連絡ください!