坐骨神経痛・お尻の痛み

  • お尻から太もも、ふくらはぎにかけてしびれるような痛みがある
  • 病院で坐骨神経痛と診断された
  • 座る時や立つ時に、お尻から脚にかけて電気のような痛みが走る
  • 他の整骨院に通っているが、坐骨神経痛がなかなか良くならない
  • 坐骨神経痛のせいで歩くのも辛い

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|坐骨神経痛とは?

そもそも坐骨神経とは、腰骨と腰骨の間(椎間孔)や仙骨の穴(仙骨孔)から出てくる神経で作られる、人体の中で最も大きな末梢神経(脳と脊髄以外の神経)です。

坐骨神経は左右2対あり、その走行は、片方のお尻のほぼ中心から始まり、太ももの後面を通り、ふくらはぎの外側や、ふくらはぎ後面のほぼ中心を通り、足の裏へと続いています。

この坐骨神経が、おおもとのスタートである椎間孔や仙骨孔から出てくるところから、ゴールである足の裏までの走行途中のどこかで圧迫されるなどの刺激を受ける事で坐骨神経痛が発症すると言われています。

神経痛は、その神経が走行しているラインに沿って痛みやしびれが出るのが特徴なので、坐骨神経痛の場合はお尻や太ももの裏側、ふくらはぎの外側やふくらはぎの後面、足の裏などに痛みやしびれが出ます

 

 

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛はそのまま病名となる時と、症状の一つとして扱われるときとがあります。

どのような事かと言うと、「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」や「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」などの明らかな病変があり、それらが坐骨神経痛の原因となっている場合、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が病名となり、坐骨神経痛はその一症状となります。

これに対して、坐骨神経痛を引き起こすはっきりとした原因が見つからない時は、坐骨神経痛がそのまま病名となります。

 

【坐骨神経痛の原因】

坐骨神経痛の原因は色々ありますが、いくつか挙げてみましょう。

①腰椎椎間板ヘルニア

背骨は椎体と言う骨で構成されていて、腰の背骨(腰椎)は通常5つの椎体で構成されています。

上の椎体と下の椎体の間には、クッションの役割を果たす軟骨があり、これを椎間板と言います。

椎間板はお饅頭のような構造になっていて、饅頭の生地の部分を「線維輪(せんいりん)」、あんこの部分を「髄核(ずいかく)」と言います。

椎間板ヘルニアとは、髄核が線維輪を飛び出してしまい、神経を圧迫してしまう病変です。

②腰部脊柱管狭窄症

背骨の中心には、脊柱管と言う脊髄を通している管があります。

この脊柱管が狭くなってしまうのが、脊柱管狭窄症で、腰で発症した場合、腰部脊柱管狭窄症となります。

腰部脊柱管狭窄症を発症してしまい、神経を圧迫してしまうと、腰の痛みや脚のしびれなどが起こります。

③変形性腰椎症

その名の通り、腰椎の形が変形してしまう病変です。

腰椎の形が変形し、変形した事でその周りの神経などを圧迫してしまうことがあります。

坐骨神経は、腰椎と腰椎の間から出る神経からも構成されているので、その神経を圧迫すれば坐骨神経痛が発症します。

 

このように、坐骨神経痛の原因は色々ありますが、ポイントは以下の3点です。

骨格の変形やゆがみによって、体の一部分に負荷がかかりやすい状態になっている。

(腰椎椎間板ヘルニアも腰部脊柱管狭窄症も、大元の原因は骨格のゆがみだと考えています。)

②骨格のゆがみに伴って筋肉が緊張し、硬くなっている

③骨格のゆがみや筋肉の緊張で坐骨神経が圧迫されている

また、痛みやしびれによって自律神経が緊張状態にあり、体が治る方向に向かっていない。

 

以上3点が坐骨神経痛の病態と言えます。

逆にこの3点を解決してしまえば、坐骨神経痛は十分に改善すると考えられます。

 

 

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|川上接骨院 鍼灸院の坐骨神経痛治療

木更津市・君津市にある川上接骨院 鍼灸院では、坐骨神経痛を整体で改善させていきます。

川上接骨院 鍼灸院の整体は、『骨格・筋肉・神経』の3つに働きかける事で、坐骨神経痛を根本的に改善させると同時に、坐骨神経痛が再発しにくい身体を作る事を目標としています。

骨格・骨盤矯正で骨盤を中心とした骨格のゆがみを整えます。

筋肉調整で骨格をゆがませている筋肉を緩めたり、坐骨神経を直接圧迫している筋肉を緩めます。

神経調節で、圧迫されている坐骨神経を開放させます。

また、全身にアプローチすることで、自律神経にも働きかけ、筋肉の緊張が起こりにくい状態を作ります。

木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院では、以上のような骨格×筋肉×神経のトリプルアプローチで坐骨神経痛を改善させています。

 

坐骨神経痛やお尻の痛みでお悩みなら、木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院にお気軽にご相談下さい!!

症例 | 木更津市・君津市の川上接骨院 鍼灸院

  • 君津市 40代 男性 坐骨神経痛

    君津市にお住いの40代男性Hさん。
    右のお尻から太もも、ふくらはぎにかけての坐骨神経痛が1か月ほど続き、他の整体院で1週間に1回の頻度で治療を受けていましたが、なかなか良くならず、ご友人の紹介で川上接骨院 鍼灸院に来られました。
    骨盤矯正を中心とした整体を5回受けて頂いた後に、日常生活での痛みやしびれはほとんど出なくなってきたと仰ってくださいました。
    その後も2週間に1回の頻度でメンテナンス通院して頂いています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 木更津市 70代 女性 鋭い痛みの坐骨神経痛

    木更津市にお住いのTさん。
    特に思い当たる原因はなっかたのですが、左右両方の坐骨神経痛になってしまいました。病院を受診するも飲み薬と湿布のみで様子を見ましょうと言われ、1カ月我慢しましたが、坐骨神経痛は悪化する一方。
    そんな時ホームページを見て当院を受診しました。始めはベッドから降りることも介助が必要なくらいの痛みでしたが、週に3~4回の来院を1か月続けて頂き、日常生活に支障のないところまで改善しました。
    続けて整体を受けて頂いた事で、坐骨神経痛と同時に以前から持っていた肩こりも改善しました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。