ジャンパー膝・膝蓋腱炎(膝蓋靱帯炎)

  • 運動すると膝のお皿の下や上に痛みが出る
  • 運動すると膝の周りが痛む
  • 膝が痛くて屈伸が出来ない
  • サポーターをしていても膝が痛い
  • 病院や整骨院で治療をしているが良くならない

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|ジャンパー膝とは?

当院の目的はただ一つ

『試合に間に合わせる事』

それだけです。

 

当院はジャンパー膝の治療に自信があります!

ジャンパー膝の痛みでスポーツを諦める前に是非ご相談下さい!

 

 

『ジャンパー膝とは?』

ジャンパー膝とは、膝周辺に痛みの出るスポーツ障害の一つです。

その名の通りジャンプを良くする競技に多い事からこの名前が付いています。

ジャンパー膝は、別名を膝蓋腱炎(膝蓋靱帯炎)といいますが、この呼び方はお皿のすぐ下の膝蓋腱(膝蓋靱帯)での痛みのみを表す言葉であり、実際にはお皿の上での痛み(大腿四頭筋腱付着部炎)などもあり、ジャンプ動作によって起こる膝周辺の痛み全てを指す場合もあります。

 

『ジャンパー膝の原因』

ジャンパー膝の原因は、太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋の柔軟性の低下と言われています。

大腿四頭筋の柔軟性の低下の要因としては、成長期に骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉が常に引き伸ばされた状態で硬くなってしまうこと(ゴムを伸ばしてピンピンに張ったような状態)や、ジャンプやダッシュなどを繰り返し行うことによる大腿四頭筋の疲労の蓄積やストレッチ不足などが挙げられます。

この大腿四頭筋の柔軟性の低下に、オーバートレーニングなどのストレスが加わる事で、組織に小さな損傷が生じ炎症反応が起こります。

これがジャンパー膝(膝蓋腱炎)の原因と考えられています。

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|一般的なジャンパー膝の治療

一般的なジャンパー膝の治療方法は次のようなものです。

 

【自分でできる事としては】

・運動の停止

・運動後のアイシング

・ストレッチ(特に大腿四頭筋)

・サポーターやテーピング

 

【病院や整骨院・接骨院では】

・低周波や超音波などの電気治療

・マッサージ

・骨格矯正(骨盤矯正など)

・インソールの作成

 

などです。

もちろんこれらの治療も効果が無いわけではありません。これらの治療で良くなった方もたくさんいると思います。

しかし、実際に経験した方ならわかると思いますが、これらの治療では、ジャンパー膝の劇的な改善は期待できません。

なぜなら、このような治療はすべて対処療法であり、ジャンパー膝の痛みの本当の原因にアプローチできていないからです。

練習を休みながら治療を続けることで一時的に症状は良くなりますが、また練習を始めると痛くなる、というのを繰り返している子が多いのが事実です。

では、ジャンパー膝の痛みを早期に、なおかつ根本的に改善させるには、どうしたらいいのでしょうか?

 

木更津市・君津市 川上整体院 接骨院 鍼灸院|川上整体院 接骨院 鍼灸院の治療方法

木更津市・君津市の川上整体院 接骨院 鍼灸院では、他の整形外科や整骨院・接骨院とは全く異なる方法でジャンパー膝の治療をしています。

どのような事をするのかは、ここでは詳しく記載する事は出来ませんが、治療に来たほとんどの方が、一回目から痛みが大きく減少しています。

 

【川上整体院 接骨院 鍼灸院の治療方法】

・電気治療➡しません

・マッサージ➡しないことがほとんど

・骨格矯正➡しないことがほとんど

・テーピング、サポーター➡しません

・インソール➡必要ありません

・運動➡禁止しません(出来る範囲でならOK)

・セルフケア➡簡単!

 

以上が当院のジャンパー膝の治療方法です。

これではほとんどの方が、結局何をするのか良く分からなかったと感じているでしょうが、大丈夫です。

当院を信じて来てください。

ほとんどの場合が、当院の手技と、患者さん自身が家庭で行って頂くセルフケアでジャンパー膝の痛みが改善しています。

どこに行っても良くならなかった方、一日でも早く治したい方は是非当院にご相談下さい!