交通事故に関するアンケート結果2020|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院 整体院

2021年01月29日

こんにちは!

木更津市・君津市の皆様を中心に根本施術としての整体を提供しています、

川上接骨院 鍼灸院 整体院 院長の川上です。

 

さて、2021年が始まり、早くも1月が終わろうとしていますね。

月日の流れの速さが年々早くなっていると感じるのは私だけでしょうか(笑)。

 

今回は、川上接骨院 鍼灸院 整体院に来院された方に行っている『交通事故に関するアンケート』2020年の集計が出たのでその結果をお伝えします。

 

アンケートの質問項目は以下の通りです。

1・交通事故にあったことがありますか?

2・あると答えた方にお聞きします。どこで治療を受けましたか?(複数可)

a.病院(整形外科等) b.整骨院・接骨院 c.特に治療しなかった

3・交通事故にあってしまった際、整骨院・接骨院で自賠責保険や任意保険適用で治療が受けられることをご存知ですか?

4・交通事故で整骨院・接骨院に通院した場合、通院慰謝料が支払われることをご存知ですか?

5・現在あなたの周りで方で交通事故にあってしまった方はいませんか?

6・交通事故に関して何かご質問はありますか?

 

といった内容です。

それでは結果と、その質問に関する説明をしていきますね。

ちなみにアンケート対象者総数は399人。2020年5月から12月末までの新規患者様です。

 

1・交通事故にあったことがありますか?

ある 34.4% ない 65.2% 無回答 0.3%

川上接骨院 鍼灸院 整体院に来院された3人に1人の方は交通事故にあったことがあるという事ですよね。私はこの数字はとても多いと思いますが皆様はどのように感じますか?

本当にいつ交通事故にあってもおかしくないと言う感じがしますよね。

是非気を付けて頂きたいです。

 

2・あると答えた方にお聞きします。どこで治療を受けましたか?(複数可)

病院(整形外科等) 64% 整骨院・接骨院 22% 特に治療しなかった 31%

あると答えた方を100としたときの値です。

驚くことに特に治療しなかった方が31%もいました。

理由を聞くと、「たいしたケガではなかったから」「自分がぶつけた方だから」という答えがほとんどでした。

交通事故のケガは初めたいしたことが無くても、後から痛みが強くなる事が良くあります。

いったん示談してしまうと、後から治療をしたいと言っても治療費が払われず、自腹で通院しなければならなくなります。事故にあってすぐは痛みが無くても、私は念のため2ヶ月は治療をした方が良いと考えています。

また、自分がぶつけてしまった、いわゆる加害者となってしまった場合でも、ケガをしていればもちろん治療が出来ます。と言うか治療をするべきです。

加害者の場合でも、過失割合によっては自賠責保険も適用になりますし、ご自身の加入している保険で治療が受けられる場合もあります。

大切なのは体です。加害者の方もケガをした場合は必ず治療して下さい。

 

3・交通事故にあってしまった際、整骨院・接骨院で自賠責保険や任意保険適用で治療が受けられることをご存知ですか?

知っている 55% 知らない 37% 無回答 8%

もちろん接骨院・整骨院で治療が出来ます!!

接骨院・整骨院で治療が出来ることを知っている人が半分ちょっとなんですね。

まだまだ啓蒙活動もしていかないといけないですね。

 

4・交通事故で整骨院・接骨院に通院した場合、通院慰謝料が支払われることをご存知ですか?

知っている 40% 知らない 52% 無回答 8%

慰謝料の事、結構知らない方が多いですよね。

病院に通った場合も、接骨院に通った場合も、同じように通院1日あたりの慰謝料が出ます。

病院に行った方が慰謝料が多く出るという事はありませんので、しっかりと治療が出来るところを選んで下さい。

 

5・現在あなたの周りで方で交通事故にあってしまった方はいませんか?

いる 7% いない 82% 無回答 11%

 

6・交通事故に関して何かご質問はありますか?

・「長引く人はどのくらいかかりますか?」

一般的には3ヶ月から6ヶ月です。

しかしこれは個人差があり、6ヶ月で良くならない方も沢山います。中には後遺症が残ってしまう方もいます。

こうならないための一つの対策はやはり早期治療、継続治療です。

はじめ痛くなかったからと油断せず、事故直後から最低2ヶ月は、週に3回以上頑張って通院されることをお勧めします。

・「仕事が出来ない事への保証はあるのか?」

休業補償があります。

金額は収入などによって異なりますが、支払われます。

身体が本当につらいうちは無理せず治療に専念しましょう。

 

以上がアンケート結果です。

この結果が少しでも皆様のお役に立てればうれしく思います。

川上接骨院 鍼灸院 整体院では、これからも交通事故に関する啓蒙活動と、早期改善に向けた施術に励んでいきたいと思います。

皆様の安全を心よりお祈りいたしております。

 

 

 

交通事故にご注意ください!!|木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院

2020年05月4日

こんにちは!

木更津市・君津市の皆さんを中心に、お体の不調の根本改善を目指して整体を提供しています川上接骨院 鍼灸院 院長の川上です。

 

川上接骨院 鍼灸院は5月4日~6日までお休みをいただいています。

当院にお越しいただいている患者さんにはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

 

さて、皆さんゴールデンウィーク真っ最中ですがいかがお過ごしでしょうか?

 

今年のゴールデンウィークは新型コロナウイルスによる緊急事態宣言もあり、皆さんにとって例年とはかなり違ったゴールデンウィークになっていることと思います。

 

そしてそれは私も同じです。

毎年ゴールデンウィークは家族で一日はどこかに遊びに行ったりするのですが、今年は自宅で出来ることをして過ごしています。

 

また、毎年ゴールデンウィーク中のどこか一日は接骨院を開けるのですが、今年はカレンダー通り5月4日~6日までお休みさせていただきます。

ゴールデンウィーク中の施術を楽しみにしていただいていた方には大変申し訳なく思っております。

ただ、電話には出られますので、緊急のご相談等あればお電話ください。

 

どうしても施術がご希望の場合は、休日院長施術の30000円で対応させていただきます。

 

 

さて、そんな中でもどうしても外出しなければならないという方もいると思います。

そして現在、外出されるほとんどの方が公共交通機関を使わずに車で移動しているのではないでしょうか。

 

そしてこの新型コロナウイルスの影響で意外に増えているのが交通事故です。

 

新型コロナウイルスの感染防止のため、車で移動する人が増えたこと、そして普段車を運転しない、ペーパードライバーの人までが車を運転するようになったことなどがこの要因かと思っております。

 

川上接骨院 鍼灸院にも、3月4月合わせて9人の患者さんが交通事故による怪我の施術を希望され新規で来院されました。

 

もともと、ゴールデンウィーク中は一年の中でも交通事故が多い期間ではあります。

私個人的には今年はそんなことはないのかな~と思っていましたが、3月4月の感じからするとやはり今年も交通事故が多くなりそうです。

 

皆さん、交通事故は自分がどんなに気を付けていても必ず起こってしまうものです。

今一度、交通事故にあってしまったときにどんな手順を踏んでいけばよいかを何となくでもいいので頭に入れていてほしいと思います。

 

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|交通事故に遭ってしまったら

 

また、ゴールデンウィーク中に移動する場合、ほとんどが家族全員での移動になるかと思います。

つまり万が一交通事故にあってしまった場合、自分だけでなく、お子さんなども乗っていることが多いわけです。

病院によっては、子供は様子見ておけば大丈夫というところもありますが、決してそんなことはないと思います。

大人がおよそ改善するのに3か月~6か月かかる怪我をしているのですから、大人よりも体の弱い子供が何もしなくて良いわけがありません。

川上接骨院 鍼灸院では、お子さんの交通事故による怪我の施術も行っていますので、是非ご相談いただければと思います。

子供の交通事故治療・むち打ち治療

それでは皆さん、できる限り『ステイホーム』でゴールデンウィークを楽しみましょう!!

そして万が一の時は、川上接骨院 鍼灸院に是非ご相談ください!!

 

 

木更津市・君津市 川上接骨院 鍼灸院|交通事故治療に関するご質問

2017年08月12日

木更津市にある川上接骨院 鍼灸院は交通事故治療の技術と知識が認められた「むち打ち治療協会」の認定院です。ここでは交通事故治療に関する情報や、患者様から寄せられたお声などを定期的に投稿しています。

今回は交通事故患者様から頂いたご質問を投稿します。

ご質問:交通事故に遭い、過失割合は相手が10です。 相手の任意保険会社に全面的に対応すると言われ、特にマイナスになる事はないから物損事故処理でお願いしますと言われました。  この場合、人身事故処理と物損事故処理とで慰謝料や保障などで デメリットはあるでしょうか? 

回答:交通事故の届出が物損事故扱いの場合のデメリットして考えられるのは、 次のような点です。

1・自賠責保険会社に対して損害賠償請求する際に別途書類が必要になること   自賠責保険は、「人身事故であることが証明できる事故」について保険金を 支払いますが、事故証明書が物件事故扱いの場合、その事故証明書のみでは 人身事故であることが証明できません。 そのような場合に、被害者が自賠責保険会社に対して、直接慰謝料等を請求する 、または後遺障害等級認定の申請を行う際、通常の必要書類に加えて、「人身事故証明書入手不能理由書」という書面を別途提出しなければなりません。 この書面は、原則として加害者に作成してもらうものですので、加害者が 作成を拒否したり、そもそも行方が分からなくなる等で、自賠責に提出が 出来ないという事態が、確率は少ないと思われますが考えられます。   加害者が作成に同意している場合も、作成に時間と手間がかかってしまうことも  細かいですがデメリットといえます。

2・過失割合の立証が困難になること   

物損事故扱いの場合、交通事故状況に関する詳細な記録を警察が作成しません。   今回の交通事故では患者様の過失はないのですが、示談交渉の際に、万一、相手方の任意保険会社が患者様に過失があったと主張してきた場合、警察が作成した記録がないと過失割合の立証が難しくなる恐れがあります。

3・賠償額が減額される可能性があること

示談交渉の際に、相手方の任意保険会社から、「物損扱いということはケガは  重いものではなかった」と賠償額の減額を主張される恐れがあります。

以上が交通事故の処理を人身事故ではなく、物損事故のみで処理されてしまった際のデメリットです。

事故当日はどこにも痛みが無く大丈夫だと思っていても、交通事故のケガやむち打ちは、後々痛くなってきたり、回復に思った以上長くかかる事があります。

交通事故に遭ってしまったら、必ず人身事故で処理してもらうようにしてください!そして事故当日、症状が無くても、必ず、病院か整骨院・接骨院を受診しましょう!!

もちろん木更津市の川上接骨院 鍼灸院は交通事故治療・むち打ち治療の専門機関です。お気軽にご相談下さい!!